芸能

扇風機おばさんが死亡で死因はなに!?整形の経緯と手術後がヤバい!死去に悲しみの声

扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんが15日に死亡していたことが判明し、日本でも注目を集めていた人物なだけに話題になっていますね。

どうも、セバスチャンです(‘ω’)

扇風機おばさんと言われていたハン・ヘギョンさんが57歳で先日死去していたことが判明しました。

扇風機おばさんはヤフーのトレンド入りし、扇風機おばさんがどれほど日本からも認知度が高かったかということがわかりますね。

扇風機おばさんはまだ57歳で、死亡するには早すぎで死因が気になりますね。

今回は亡くなってしまった扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんの死因についてなど調べてみました。

目次
  1. 扇風機おばさんが死亡
  2. 扇風機おばさんが整形にいたる経緯
  3. 扇風機おばさんの手術後がヤバい
  4. 扇風機おばさんの死因はなに?
  5. 扇風機おばさんの死去に悲しみの声続々
  6. 最後に
スポンサードリンク

扇風機おばさんが死亡

出典:https://twitter.com

扇風機おばさんと呼ばれていたハン・ヘギョンさんが死亡していたことが判明しました。

扇風機おばさんは享年57歳でまだまだ亡くなるのには早すぎる年齢で残念ですね。

 

扇風機おばさんが死亡したと判明されたきっかけは、ソウル市トボン区にある韓一病院の関係者の話によるもの。

韓一病院の関係者は17日に「本日、ハン・ヘギョンさんの出棺が行われた」旨と「その他の事項はお知らせできない」とのことです。

扇風機おばさんは15日に亡くなり17日に出棺されたということですねね・・・

 

扇風機おばさんといえば、10年以上も前から日本のテレビに出演していて初めて見た時はその容姿に驚いた事を今でも覚えています。

初めて扇風機おばさんを見た時は子供の時でしたが、切実に前の容姿に戻りたいと訴え涙しているハン・ヘギョンさんの姿が印象的でした。

 

最近では扇風機おばさんは日本のテレビでは見かけなくなりましたが、まさか死去していたというのにはビックリです。

扇風機おばさんは少しでも元の容姿に戻るように手術を繰り返し、頑張っていたので若くして亡くなったとなるとなんだかとても残念に思います。

スポンサードリンク

扇風機おばさんが整形にいたる経緯

扇風機おばさんは整形手術によって、美しい容姿から顔が肥大し扇風機おばさんと呼ばれる姿になってしまいました。

出典:https://twitter.com

もともとはハン・ヘギョンさんはすごい美人だったのですが、心の病気と言うべきなのかもっと美しく、もっと美しくという欲望にかられ美容整形を繰り返していました

扇風機おばさんは最初は医者のもと整形手術を受けていましたが、更に美しくなりたいという欲望に駆られ自身で大豆油を顔面に注入を繰り返したりと行動が過激になっていきました。

 

扇風機おばさんの顔面はみるみる肥大し、気がつけば手をつけられないレベルになってしまいました。

扇風機おばさんは100回以上の整形手術を繰り返しており、今でいうと典型的な美容整形依存性でした。

 

扇風機おばさんは最初は今よりも美しくと思って整形手術を行いましたが、何度整形をしても心を満たすことができなかったんですね。

スポンサードリンク

扇風機おばさんの手術後がヤバい

ハン・ヘギョンさんはは顔面が大きく肥大し扇風機おばさんと呼ばれていました。

扇風機おばさんは日本のテレビ「ザ・ベストハウス123」に出演し日本でも大きな注目を集めました。

 

扇風機おばさんは[ハンさん救出作戦]で、高須クリニックの高須医院長率いる昭和大学のスペシャルチームか組まれ治療が施されました。

この頃から高須医院長は困った人を救出していてなんだかカッコイイですね!

扇風機おばさんの顔面の手術は1度では少しずしか異物を取ることができずに、何度も繰り返し再生手術を行ってました。

 

扇風機おばさんは合計で15回もの手術を行ったようで、全身麻酔をしたりと身体の負担は凄そうです・・・

扇風機おばさんは元通りの容姿には程遠いですが、顔の大きさはかなり小さくなり初期の頃と比べると劇的に回復することに成功しました。

出典:http://news.kstyle.com

扇風機おばさんは日本のテレビから消えてしまいましたが、2018年12月15日に死去していたということで残念です。

扇風機おばさんの死因は病気?
次のページへ

1 2
RELATED POST